お見合いパーティーの会話テクニック

お見合いパーティーですることといったら、当然会話です。
カップル成立にこぎつけるには、異性と会話をして選んでもらう必要があるのです。
そのため、会話のテクニックは重要な要素となってきます。
司会者のように流暢な会話をする必要はありませんが、黙り込んでしまっていてはお相手にも気まずい思いをさせてしまいます。
お見合いパーティーでは、全ての参加者と話をすることができます。
ただし、1人あたりの時間はほんの2〜3分程度です。
これでは、時間が過ぎるのを気にしてばかりで大した会話が進まないかもしれません。
あらかじめ、決まった質問内容を決めておくなどして、会話を進めていくのもよいでしょう。

 

短い時間の中でスムーズに会話を進めるには、表情をやわらかくすることが第一です。
緊張した顔つきでは、怖い印象を与えてしまいます。
自然な笑顔を心がけて、どうしても緊張してしまう場合には正直に相手に伝えてみるのも一つの手です。
相手も緊張していて…と打ち明けてきたら、そこで一気に空気が和むかもしれません。
初対面の挨拶も、きちんとするのが礼儀です。
堅苦しくなってもよくないのですが、適当に「どうも」なんて誤魔化してしまってはよくありません。
「はじめまして」「こんにちは」などの挨拶をきちんとすることで、相手も自分にまっすぐ向いてくれます。
また、会話の中から共通点を見つけて話を広げていくようにしましょう。
質問攻めにして、相手を困らせないようにすることも大切です。
自分のアピールポイントばかり披露するのも、印象がよくなりません。
礼儀正しく、相手の気持ちを思いやりながら、自分のアピールもさりげなくすれば印象を残せますよ。