理学療法でめまいを治療する

めまいの治療法として、理学療法がおこなわれることもあるのですが、めまいの理学療法というのはどのような治療法となっているのかについてお話をしていきたいと思います。

 

めまいの中でも、内耳に問題があってめまいが生じてしまう、良性発作性頭位めまい症という病気で理学療法がおこなわれることが多いです。

 

人間の内耳には、炭酸カルシウムで作られている耳石がいくつもあります。本来であれば、耳石は内耳にくっついている状態になっているのですが、何かにぶつかった拍子などで、耳石が移動をしてしまうことがあります。これによって、良性発作性頭位めまい症を発症してしまうということがあるのです。

 

移動してしまった耳石が三半規管に移動をしてしまうと、体の平衡感覚がくるってしまい、めまいなどの症状が起きてしまうのです。

 

理学療法で、この耳石を本来あるべき場所に移動させて、治療をしていくことが多いです。実際に、良性発作性頭位めまい症という病気は、理学療法によって完治や改善をすることができたという事例がとても多いため、病院で治療として行われることが多いです。

 

その理学療法でもいくつかの種類が存在しているのですが、特にエプレイ法とレンパート法という理学療法がおこなわれることが多いです。

 

どちらの方法にしても、理学療法士によって適切に治療が行われることになります。頭を左右に移動させたり、頭を上下に移動させることで、少しずつ耳石を移動させていき、本来あるべき場所に戻すことが目的となっています。

 

中でも、エプレイ法をしたことによって、良性発作性頭位めまい症だった人の9割以上の人が改善をすることに成功しているとされています。

 

めまいの対策には老化を防ぐ活性酸素除去のサプリがおすすめです。中でもごまに含まれるセサミンを配合したサプリなら疲労回復やアンチエイジングにも良いです。