お見合いパーティーの注意点

最近はお見合いパーティーが盛んですから、普段着感覚で参加する人も多いようです。
しかし、それなりのマナーはわきまえて参加しないと、自滅につながりかねません。
例え素の自分をアピールしたいからといって、最低限のマナーは忘れないようにしてください。

 

まず、よくありがちな失敗例は、男性がしてしまいがちです。
それは、女性の年齢をすぐに聞くこと。
女性の場合、普段年齢を気にしていないような人でも、男性から年齢を聞かれたら年齢で決める人なんだなという印象をもってしまいます。
どうしても聞きたくても、別の話題からアプローチしてみるとお相手の幅も広がるかもしれませんよ。
また、女性から男性の年収などを聞くのも、女性に年齢を聞くのと同じような意味を持っています。
つまり、一定の年収以上でなければ、結婚相手としてアウトとみなしていると判断できるわけです。
結婚相手を探しにきている場合はそういう気持ちがあるのはやむを得ないとしても、正面から年収を聞くのは全くの失礼にあたります。

 

あまりフレンドリーになりすぎるのも、なれなれしいと思われがちです。
外見に関する話も、控えるようにしましょう。
女性の場合、「美人ですね」と外見のことばかり言われるのに傷つく人もいます。
それよりは、趣味の話などで盛り上がるほうが、前向きです。
お見合いパーティーでよくあるのが、お酒を飲みすぎて行き過ぎた言動をとってしまうことです。
アルコールは適度にして、真剣なお相手探しに努めましょう。
女性も男性も、節度あるふるまいをすることが、お見合いパーティーでは大切です。